ニキビ治療の新しい選択肢「ベピオゲル」

こんにちは、院長の石田です。
以前このブログで取りあげたニキビ治療の話ですが(①、②、③、④)、
今日はさらに新しい話題です。
なんと、この4月に新しい仕組みのニキビ治療薬が発売されることになりました!

ニキビ治療で使う薬にはいろいろありますが
いままで一番新しかったのが、2008年発売のディフェリンゲルですから
実に7年ぶりにニキビ治療の選択肢が広がることになります。

来月4月1日に発売され、患者様に処方できるようになる薬剤は
ベピオゲル」です。

主成分の過酸化ベンゾイルの略称である「BPO」と
ニキビ患者さんが「べっぴんさん」になってほしいという製薬会社さんの思いからこの名称になったようです。
わかったようなわからないような由来ですが、
もう少し発音しやすい名前にならなかったのかな・・・
慣れるまでは処方の説明時に噛んでしまうこともあると思いますが、ご容赦ください。

発売に先駆けまして先日この薬剤についての勉強会を開いていただき
スタッフ一同学んできました。
P1020389

有効性や注意点、副作用については情報をしっかり集めてから記事にする予定です。
では4月1日発売までもうしばらくお待ちくださいね。


                             院長 石田祐哉

院長ブログ一覧へ戻る