じんましん

じんましんには急性じんましん、慢性じんましんがあり、1ヶ月以上続くものを慢性じんましんと呼んでいます。 原因として食事、薬剤、風邪などのウイルス感染、ストレスなどが挙げられますが、原因不明のケースも多いのが特徴です。

じんましんの検査

まれに内科的疾患が原因でじんましんが出る場合があります

治療

アレルギーを抑える飲み薬で治療します。
発疹が全身に出て痒みが強い場合には、抗アレルギー剤・解毒剤の注射・点滴を行い、副腎皮質ホルモンを短期間内服します。

 

経過

1ヶ月以上にわたり出没を繰り返す慢性じんましんは根気よく治療することが必要になります。
このようなケースでは、アレルギーを抑える飲み薬を毎日内服することでじんましんが全く出ない状態、そしてじんましんが出にくい状態をつくっていきます。

飲み薬には多くの種類があり、どの薬が合うのかは患者様一人ひとり異なります。
医師と患者様が一緒に効果判定を行いながら治療に取り組むことで、治療効果が高まりますのでお気軽にご相談ください。