帯状疱疹

幼少期にかかった水痘(水ぼうそう)のウイルスが原因で発症します。
水痘が治った後もウイルスが神経を伝って体内の神経節に潜伏しており、加齢、免疫抑制状態、過度の疲労などにより再び活性化し発症します。
水ぶくれにはウイルスがいますので、水痘にかかった事のない乳幼児や水痘ウイルスの抗体を持たない人にうつさないよう注意しましょう。

帯状疱疹の症状

神経の走行に沿って広がる、小さな水疱(水ぶくれ)の多発がみられ、体幹に出現すると「帯状」になります。 しかし体幹に限らず顔面やうで、足などにも生じることもあります。 水疱出現の前にピリピリした痛み(神経痛)が同じ部位に初発症状として生じていることがあります。

治療

皮膚に発疹が出ているときは、抗ウイルス薬の内服治療(飲み薬)を行います。
神経痛の程度に応じて、痛み止めや神経の回復を助けるビタミン剤も併用します。

※睡眠と栄養をとり、精神的・肉体的に安静を心がけてください。
※患部を冷やすと痛みが増強されますので、冷やさないでください。


経過

皮膚症状と共に、頭痛・発熱が出現することがあります。
また、顔の帯状疱疹ではときに角膜炎や結膜炎、耳鳴り、難聴、顔面神経麻痺が出現します。

皮膚症状が治った後に、神経痛(ピリピリする痛み)が持続することがあるので、医師と相談しながら治療を継続することが大切です。