多汗症

わきや手のひらの発汗に対して、当院では2つの治療を行なっております。

塩化アルミニウム水溶液

塩化アルミニウム水溶液には制汗作用があることが知られています。
当院では濃度の高い20%のものを用意しておりますので、手軽に多汗症の治療を行いたい方におすすめです。
まれに刺激皮膚炎などがおこることがありますので、必ず説明を受けてから使用してください。

治療の実際

  • ■就寝前に使用します。入浴直後は発汗があり効果が落ちるため、時間をあけてください。
  • ■わきと、皮膚が分厚い手のひら・足の裏では塗り方が異なります。
  • ■翌朝に洗い流してください。
  • ■毎日塗り続けます。
  • ■早ければ2~3日、通常は1~2週間で効果が現れます。
    個人差により、まれに1ヶ月ほど使用しても効果が認められない場合があります。
charge2_tt
100ml 1,300円

ボトックス注射

ボトックスとはボツリヌス菌が作る毒素の一つで正式名はA型ボツリヌストキシンです。
神経末端からの伝達物質(アセチルコリン)放出を抑えることで、筋肉の動きや発汗を低下させます。ボトックスは通常の使用量では注射した場所にしか効果を発揮しません。
適切に使用する限り安全です。

汗止め作用

わきの汗腺にボトックス注射することで、4~6ヶ月(個人差があります)制汗作用があります。
約4~6ヶ月に一度の注射を続けていただくとより良い状態を保つことができます。

治療の実際

所要時間 約10分程度
効果が出るのに3~5日を要します。
注意事項 ■注射の際、少し痛みがあります。
■ときに軽い内出血を起こすことがあります。
■注射後1~2時間でお化粧は可能です。
■注射痕が数日~10日程残ることをご了承下さい。

治療スケジュールの目安

こちらの治療は院長が担当しております。担当医表をご覧の上、ご来院ください。