• HOME > 
  • 医師の紹介

医師の紹介

院長紹介

院長:石田 裕哉

根拠に基づく医療の提供を目指して

「治療期間はどのくらい?」
「傷跡はきれいに治るの?」
「使っている薬の特徴(メリット・デメリット)を知りたい」

患者様の不安、心配事は尽きません。
当院ではお一人おひとりの症状を丁寧に分析・検査し、
医療的根拠に基づく治療を行うことで
患者様が理解できるよう、努力しています。
安心できる、納得できる、信頼できると感じていただけるよう、 スタッフが一丸となって治療を行ってまいります。

doctor_img11

父のような患者様に信頼される医師になりたい

私は子供の頃、体が弱く小児ぜんそくや小児アトピーを患い、小児科の開業医である父に診てもらうなど手のかかる子供だったようです。そのような子供時代を過ごしたせいか、気づいた時には自分も父のような、地域の患者様に信頼される医者になるのだと思うようになっていました。医者になると心に決めてからは一度もブレることなく医学部を目指していました。

私が皮膚科を志したのは、学生時代に見学した皮膚科の手術がきっかけでした。その繊細かつダイナミックな手技に圧倒され、「自分もこのような手術ができるようになりたい」という思いを強く抱くようになりました。京大皮膚科の医局に所属してからは大学病院をはじめ、大小様々な病院で皮膚科医として働かせていただきました。大学病院のような大きな病院ではチームで対応しなければならない難病や悪性腫瘍(皮膚がん)といった疾患の診療に従事し、中・小規模の病院では一人で外来診察から手術まで一貫してこなしました。

皮膚科を志す

皮膚科専門医、美容皮膚科医として

その後、レーザー治療や美容外科手術の症例豊富なクリニックで美容皮膚科部長として勤務し、皮膚科専門医としてさらなる技術を磨きました。美容皮膚科の診療で学んだ技術はニキビやヤケド、皮膚腫瘍(いぼ、ほくろ)などの様々な皮膚疾患の診療にも応用することができます。患者様お一人おひとりに対してご要望をお聞きしながら常にきれいな治し方を考え、痛みや副作用をできる限り少なくできるよう工夫を凝らして診療しております。
きれいに治したい、不安なく治療を受けたい、という患者様に信頼されるようスタッフともども努力を重ねてまいりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

副院長紹介

副院長 石田 智子

doctor_img21