• HOME > 
  • エキシマライト治療

エキシマライト治療

尋常性白斑や乾癬、円形脱毛症など皮膚疾患の紫外線治療として知られているものには、PUVA療法やナローバンドUVB療法があります。

エキシマライト光線療法とは、それらの紫外線療法よりさらに効果の高いと言われている308nmの紫外線を患部に照射して治療する最新の光線療法です。

従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも、少ない回数で改善効果を認めやすく、効果の持続時間が長いため通院回数も少なくて済みます。

治療の実際

exima_img1exima_img2

エキシマライト光線療法を行う疾患について

尋常性白斑

お肌の色を決めるメラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが消失、または機能を停止することによって白斑は生じます。免疫系や神経系の、メラノサイトへの刺激が影響すると考えられています。

非常に難治性のため、従来の治療では効果がなく治療自体を断念する患者様も少なくない疾患です。
当院で行うエキシマライト光線療法は、治療を断念した患者様にこそおすすめです。

治療期間中の白斑をカバーするためのファンデーションのご紹介もしております。

乾癬

乾癬には症状に応じて治療は様々なものがあります。病変が広範囲で重症な患者様に対しては、免疫抑制剤や生物学的製剤の新しい治療が開発されていますが、副作用なども多くあるため軽症の患者様にはおすすめできません。
当院で行うエキシマライト光線療法は、目立つ場所の病変に最も効果のある308nmという波長の紫外線を照射できますので、塗り薬だけでは効果が少ない、もうちょっと効いてほしい、という患者様におすすめです。

円形脱毛症

10円玉のように円形に脱毛することが多いですが、脱毛斑が多発することもあります。また、まれに頭全体の毛が抜けたり、全身の毛が抜けることもあります。円形脱毛症の脱毛部では毛根が縮んで休止期という冬眠状態のようになっています。その原因は、成長期の毛根が自分のリンパ球による炎症で壊されてしまうからです。ダメージを受けた毛穴から完全に生えてこなくなるわけではなく、リンパ球によるダメージが抑えられさえすれば元通りの毛が生えてきます。

保険内の治療、SADBEなどの局所免疫療法、ドライアイス圧抵療法などで効果が出なかった場合にもエキシマライトを照射することができます。

料金(保険適応外) 1回3670円

掌蹠膿疱症

手のひら・足の裏に、小さいニキビや水ぶくれのような膿疱を生じます。膿(うみ)がたまっているのですが他の人にはうつりません。扁桃腺や歯、鼻などに細菌感染がある場合や金属アレルギーなどが原因となることもありますが、原因不明のことも少なくありません。外用治療(ぬり薬)が行われることがほとんどですが、効果が不充分なことも多く、エキシマライト光線療法を併用することで治療効果を高めることができます。