じんましん

じんましんには急性じんましん、慢性じんましんがあり、6週間以上続くものを慢性じんましんと呼んでいます。 原因として食事、薬剤、風邪などのウイルス感染、ストレスなどが挙げられますが、原因不明のケースも多いのが特徴です。いわゆる食材アレルギーの場合もありますが、ヒスタミンを多く含む食材を摂取することによるヒスタミン中毒の場合もあり、単純にアレルギーというわけではありません。

治療

抗ヒスタミン作用のある飲み薬で治療します。
発疹が全身に出て痒みが強い場合には、抗ヒスタミン剤・解毒剤の注射を行います。

 

経過

6週間以上にわたり出没を繰り返す慢性じんましんは根気よく治療することが必要になります。
このようなケースでは、抗ヒスタミン剤を毎日内服することでじんましんが全く出ない状態、そしてじんましんが出にくい状態をつくっていきます。

飲み薬には多くの種類があり、どの薬が合うのかは患者様一人ひとり異なります。
医師と患者様が一緒に効果判定を行いながら治療に取り組むことで、治療効果が高まりますのでお気軽にご相談ください。
通常の内服治療で改善がみられないときには、ゾレア注射治療を実施している施設にご紹介する場合もあります。