多汗症

■保険適応の薬剤(エクロックゲル、ラピフォートワイプ)

重症の腋窩多汗症(ワキの多汗症)に保険適応がある薬剤です。
2剤とも毎日ワキに塗るものですが、塗りやすく工夫されており継続しやすくなっています。

腋窩(ワキ)だけに使用でき、他の部位(頭皮、顔、手、足など)の発汗でお困りの場合は使用できません。
他の部位には塩化アルミニウム水溶液をご検討ください。

塩化アルミニウム水溶液

塩化アルミニウム水溶液には制汗作用があることが知られています。
当院では濃度の高い20%と50%のものを用意しておりますので、手軽に多汗症の治療を行いたい方におすすめです。
まれに刺激皮膚炎などがおこることがありますので、必ず説明を受けてから使用してください。

治療の実際

  • ■就寝前に使用します。入浴直後は発汗があり効果が落ちるため、時間をあけてください。
  • ■翌朝に洗い流してください。
  • ■毎日塗り続けます。
  • ■個人差により、1ヶ月ほど使用しても効果が認められない場合があります。
charge2_tt
<20%> 100ml 1,320円(税込)
<50%> 50ml  1,320円(税込)